家族で引越しをした体験談-業者に頼まない引越し

一人暮らしをしていた時に始めは会社の寮に入っていましたが、窮屈に感じるようになったので外にアパートを借りることにしました。
引越し先までは車で15分ぐらいの距離にあったのですが、一人暮らしの荷物を運ぶのに業者に頼んでもかなりのお金がかかります。
そこで実家の家族に手伝ってもらって、引越しをすることにしました。

実家は少し離れた距離にあるのですが、そこから両親と弟に車で来てもらい、近くでトラックをレンタルして4人で引越しをしました。
トラックの荷台に荷物を積み込み、何度も寮とアパートを往復して、何とか一日で作業を終えることができました。
トラックのレンタル代、実家から往復するガソリン代だけの支出で引越しをすることができて、良かったと思います。
しかし素人ばかりで引っ越しをしたので、ベッドや冷蔵庫など大きな物を運び出したり、慣れない作業で体が疲れたという大変さがありました。
引越し業者に依頼して引越しをしたこともありますが、それと比較すると作業の丁寧さやスピードでは及ばなかったと思います。
引越しが終わった後に私も含めて家族は疲れていましたが、みんなで一仕事終えたという充実感はありましたし、改めて家族のありがたさを感じる一日となりました。

準備は早め

仕事などの関係で、引越しをすることは珍しいことではありません。
引越しをしなければいけないと分かったら、ただちに準備をするべきです。
明日になったらやろうと考えていると、あっという間に時間がなくなります。
もちろん、荷物をすべて捨ててしまうのならば話は別ですが、たいていの人は荷物を持っていくものです。
計画的にやらなければ、思いのほか時間がかかるものです。
簡単に言ってしまえば、大掃除をやることになります。
そしてついついやってしまうのが、思い出の品を見つけてしばらく思い出に浸ってしまうことがあります。
意外と時間をとられます。
次にやってくるのが、何を持っていくのか、そして何を捨てるかの決断です。
引越しの荷物は出来る限り少ないほういいです。
少なければ少ないほど、費用が安く済みます。
本当に費用のことを考えるならば、家具などの重い物は処分してしまったほうがいいです。
ただ、思い出があるものも多く捨てるのにもいろいろ迷うものです。
結果的に、思っていた以上に荷物がまとまらずにぎりぎりになることもよくあることです。
冷静に判断するためにも、引越ししなければいけない事態になった場合はすぐさま準備を始めるべきです。
そうすれば、ゆっくりと納得がいくまで決めることができます。

転勤での人生初引越し

生まれてきて25年間大阪の実家から出たことがなく、会社の転勤命令により人生初めての引越しを体験しました。
引越し先は仙台市内のマンションで単身用の1LDKです。
初めての引越しというのもあり何をどこまで持って行くのか悩みながら会社が手配した引越し業者と引越し2週間前に打ち合わせを
しました。結構無愛想な業者さんでしたので凄く事務的に説明をされました。必要なダンボール数、布団用の専用袋を置いて行き、当日の
朝11時までにまとめておくようにと釘をさされました。テレビ等の大きなものは当日に作業員の人がやってくれるとのことでそのままにしておきました。いざ当日です。手際よくダンボールを運び出し大きなテレビやこの機会に購入した冷蔵庫と洗濯機をトラックのコンテナにのせていきます。時間で30分程度でした。さすがは「プロ」と関心しました。これで荷物の運び出しは順調に終わり引越し先の東京のマンションで荷物を
待つのみです。予定時間の30分遅れでやってきてくれました。作業員が結構なお年の方でした。凄く手際が悪く愛想も悪いので少し不満でした。搬入後は自分でダンボールの中身を出して引越し完了でした。初めて引越しをしましたが結構疲れるものです。肉体的に重いものを運んだ記憶はないですが腕が疲れてました。今度は転勤先から帰るときにまた同じ事をしなければいけないと思うと少し不安です。
ちなみに私は引越し見積もりで調べました。そして今回利用していました引越し業者は「日通」さんです。

実家に帰るため

自分は東京にて薬剤師の資格を取得するために長年一人暮らしをしていましたが、
紆余曲折を経てこの度薬学部を卒業し、両親の介護のためもあり田舎の実家である広島で生活を送りたく引越しをしました。
学校への入り直しをしたために、過去に引越しを数回経験しています。

今回引越すアパートにはもう7年くらい住み続けており、
物がありあふれて引越しの準備をするために荷造りをするのがとても大変でした。
自分は物を片付けない、捨てない、掃除をしない怠惰な性格でしたので、
ゴミは溜まりに溜まり、不要な家具や器具が大量にあったのです。
カーテンは、飼っている猫がイタズラをしたせいでぼろぼろに
なっていたので引越しを機に捨てることができました。
実家にはカーテンがあるので、不要なのです。
同じ理由から、穴のあいたソファ、猫のおしっこが含まれた枕、
汗をかいて染みまみれのパイプベッドを捨てました。
タオルも7年間使い続け、カチカチに硬くなっていたので捨てておきました。
こうしてもう利用できなくなった物を捨てることで
自分も新しく生まれ変わるような気がして気持ちが良かったです。
引越しの荷物は少なければ少ないほど楽で安いので、不要な物はどんどん捨てていきました。
広島へ引越